Q.地域通貨ってどんなお金ですか?

おむすび通貨は地域通貨の1つです。地域通貨は円やドルといった法定通貨では解決できない地域固有の問題を解決するために生まれたお金で、世界中で数多くの地域通貨が発行されています.地域通貨の多くに共通しているのは、

 

●使える地域が限定されている

●利子がつかなかったり、有効期限がある

●一般利用者は法定通貨と交換できない

●民間団体が自主的に発行している

 

ということです。

 

 

Q.どうして地域通貨が必要なのですか?

お金は,物やサービスの交換を仲立ちしたり(交換媒介機能)、働いた成果を保存したり(価値保存機能)するために欠かせない物です.もしもお金がなければ,生活に必要な物をそろえたり貯蓄することができず、とても原始的で不安定な生活を強いられることになります.

 

日本円はどこでも支払いに使えるのでどんな交換でも仲立ちできます。ところが、どこでも使えると、どんなに遠いところからでも物が買えるわけですから,地域の商店や職人や農家から物を買う必要はありません。その結果,地域の産業や家業は衰退します。地域の産業や家業が衰退すると,地域の仕事場所が減るので,人口流出がおこり、学校や病院や道路などの公共物を維持できなくなります。これが、使える範囲を地域に限定したお金が必要とされる理由です.

 

また日本円は銀行に預けるなどしていつまでも貯めておくことができます。一方、銀行などに貯められるお金が増えると、市場を流通するお金が少なくなり、仕事が減り、必要な物を買うことができなくなります。お金の価値保存機能を制限して交換媒介機能を高めた地域通貨は、地域経済を活性化するお金として大変よく機能することが知られています。

 

 

Q.地域通貨を使うと、どんないいことがあるのですか?

1)地域内での人と人のつながりが広がり深まります。

2)地域内で支え合う関係をつくり、地域経済を活性化します。

 

1)地域通貨は、コミュニティのメンバー同士でしか通用しないため、コミュニティのメンバー同士のむすびつきを深めます。たとえば顔見知りでなかった人とでも、地域通貨を通じて顔なじみになれたりします。

 

2)お金の支払いと仕事の発生は表裏一体の関係にあります。普通のお金や、日本円に換金できる地域通貨は、コミュニティ外部での支払いに使えますので,競争力の無い地域のお金は地域の外に流出し,地域内の仕事は減っていきます。地域内の仕事が減るということは,地域が貧しくなるということです。地域通貨は、コミュニティの中での支払いに限って使われるため、地域内で仕事を生み出しながら地域経済を活性化します。

 

 

 

Q.他の地域通貨にない”おむすび通貨”の特徴は何ですか?

1)事業者同士でも使われ、転々流通します。

2)お米で貨幣価値が担保され、日本円に換金できません.

3)生命社会の成り立ちの中で使える範囲が決められています。

 

1)これまで日本国内で地域通貨として認知されてきたものは、「通貨」というのは名ばかりで、実体は、商品券、値引きクーポンまたは仲良しサークルの会員カードでした。海外で普及し、効果を上げている地域通貨・補完通貨は、利用者から受け取った事業者が再び別の事業者のところで利用することを当然の前提としています。皆さんは、日本円を受け取ったら、当然、使いますよね?使うことを前提として受け取られるのが「通貨」です。おむすび通貨は、事業者同士でも使われることで転々流通する「通貨」です。

 

2)地域振興券やボランティア通貨を含めて,これまで日本で流通していた地域通貨の多くは,提携店になっていれば、あらかじめ決められた額の日本円に換金することができるか、もしくは全く価値担保のないお金でした。おむすび通貨は日本円に換金することができませんが、その価値はお米で担保されています。

 日本円に換金できる地域通貨と、換金できない地域通貨の違いは,極論すれば,特定個人の営利を一番の目的としているか,「連帯による地域経済活性化」を一番の目的としているかの違いといえます。商店主の営利が第一目的であれば,特定の商店街だけで使える地域通貨を発行して客を囲い込み、地域通貨を受け取った商店は地域通貨を日本円に換金してどこかの安売り店で買い物をすればいいわけです。地域経済コミュニティの育成を目的とするなら,地域で生まれた価値が最後まで地域で循環して使われなければなりませんから日本円への換金は提携店であってもできない仕組みにする必要があります.

 ところが、日本円に換金できない地域通貨は,その価値の裏付けが希薄になりがちです。提携店ネットワークでお金として使えるといっても、その提携店ネットワークから必ずしも欲しい物が手に入るとはいえません。その点,おむすび通貨は、日本人なら誰でも食べるお米を担保にしているため,価値の裏付けがしっかりしているのです。

 

3)一般的な地域通貨は、商店街や市町村の区分で使える範囲が決められています。つまり、一般的な地域通貨は特定目的の商業団体や行政の枠組みの中で使える範囲が決められています。これに対して、おむすび通貨は、自然環境を含む社会全体(生命社会)の成り立ちの中で使える範囲が決められています。おむすび通貨を使える地域の範囲は”流域”で規定されますが,流域とは、同じ川や湾を上下水で利用している地域のことです。川の上流での産業や暮らしのあり方は下流や海辺の暮らしに大きな影響を与えます。例えば、水源域で林業が衰退すれば、森林が荒廃して下流域で洪水の危険が増しますし、中下流域で水需要が増してダムや河口堰が作られれば、砂や石や酸素の供給が減少することによって魚貝類の生息環境が破壊されて近海漁業が衰退します。同じ流域に住むすべての人と動植物は、運命共同体の一員なのですから、互いの立場を尊重して支えあっていかなければなりません。しかし、残念なことに、米作りと漁業、生活者と公害源事業者、農林業と商工業、人間と動植物というように、現代社会ではむしろ流域内の利害対立が目立っています。おむすび通貨は、このような利害の対立を乗り越えて流域内のすべての生物がともに生きることができる関係をとりむすぶために”流域”で流通するようになっています。

 

Q.おむすび通貨は何のために生まれたのですか?

 地域コミュニティ活性化のために生まれました。

 

 現在の経済の仕組みによって人間は個人に分断されています。かつては町内会、ご近所さん、家族といった人の結びつきの中で営まれていたことが、お金の支払いによって営まれるようになっています。たとえば、お祭りは広告代理店が営むフェスタに、地域の環境整備は税金で、お年寄りの世話は有料介護施設で、子育ては塾や習い事で、というようにです。人の結びつきの中でこういったことをする場合には、「おたがいさま」「ありがとう」という支え合いが生まれますが、お金を支払う場合にはすべて「損得」で計算されます。人が「損得」だけで関係するとすれば、どれほど生きにくい社会になることでしょう。おむすび通貨は、損得を超えて、地域に密着した中小事業が活性化し、地域の人と人が結びあうきっかけとなります。

 

Q. 市場経済システムとは?

 市場経済システムとは、労働力、土地、貨幣が商品として自由に売買されることを前提とした経済システムであって、朝市のような局所的な市場のことではありません。市場経済システムの原理が働くと,不足する物やサービスはその価格が上昇するため、それらを生み出すための賃金上昇とともに雇用が増え、過剰な物やサービスは価格低下にともなって賃金が減少して失業が進みます。このため、労働力が効率良く、必要とされる生産活動に振り向けられます。また、より高い利潤を生み出す物やサービスの提供のために土地が売買されるため、土地利用の効率化が進みます。その結果、社会的な富が予定調和的に増大していくという考え方が市場経済システムの原理です。

 

 しかし、労働力は人間の意志に従属し,土地は生態系の一部であって、人間も土地も利潤を生み出すことを目的として生産された商品ではありません。市場経済システムは、人間と土地をそのような「商品」であるとみなすものです。

 

 人間は、より高次な富を消費し所有する意欲を持つという側面からみれば、経済合理的に行動する個人的存在ですが,つながりのなかで自己の社会的存在意義を幸福として感じる社会的存在でもあります。また土地が本来生み出しているのは、貨幣量で計られる利潤ではなく、生命の営みそのものですが、利潤を動機とする市場経済システムの商品として土地が扱われることによって、深刻な地球規模の自然環境破壊が進んでいます。

 

 市場経済システムの原理に基づけば,労働力の資本間移動を妨げる組合運動や地域内連帯や家族関係、そして、土地の資本間移動を妨げ貨幣供給を独占する国家でさえも、淘汰されるべき対象です。つまり、市場経済システムにとって、家族,地域内連帯、組合、はては国家に至るまで,人間同士を結びつけているあらゆるコミュニティを淘汰することは合目的的です。身近な例を挙げれば、家族や地域との結びつきがサラリーマンの転勤を妨げるようでは、市場経済システムはうまくいきません。

 

 つまり、市場経済システムは、数理的に合目的的である一方で、人間を人間としてあらしめる関係性を脅かす側面も持ち合わせています。このため、市場経済システムが人間社会に導入されて以来、人間を市場経済システムから守る様々な法律(社会福祉関係法、労働基準法、土地取引関係法など)が整備されています。地域通貨・補完通貨は、市場経済システムの原理主義化が強まれば強まるほど、必要とされるでしょう。