皆様の地域や事業所でも開催できます!

こども夢の商店街を開催すると…

  1. 数千人の笑顔があふれ、街が活気付きます。
  2. 働くことを楽しみながら、こどもが創造性と自発性を伸ばします。
  3. 将来、地域で事業を営む子が現れるかもしれません。
  4. 開催エリアの事業者に新規のお客さんができます。
  5. ボランティア参加によって地域や組織の絆が深まります。
  6. 地域や組織のイメージがとても良くなります。

開催までのプロセス

(1)コミュニティパートナーとスポンサー

開催日時と会場とスポンサーが決まれば計画が動き出します。スポンサーは、開催費用の一部または全部を負担する企業、行政機関、助成機関です。計画の初期段階では、商工団体、自治会、学校など、開催エリアの住民と事業者とつながりのある団体または個人にコミュニティパートナーとしてプロジェクトを支援いただけるように働きかけます。コミュニティパートナーが開催費用を全額負担できる場合、スポンサーは不要です。計画、募集、実施、アフターフォローまで、プロジェクトマネージャーがしっかりサポートさせていただきます。

 

(2)デザイン会議

開催エリアの人口規模などから最適なプランをご提案します。

(3)参加者と提携店の募集

学校経由で募集チラシを配布し、出店者の募集を開始します。同時に、募集エリアでおむすび通貨を受け入れる提携店を募ります。

(4)ボランティア説明会

開催の約1週間前になると、子供達をサポートするボランティアを対象とする説明会を開催します。

(5)当日

数千人の来場者を迎えることになるため、設営から撤収まで、当日は大忙し。やりきった後の達成感は最高で、ボランティアの満足度・リピート率が高いのも、こども夢の商店街の特徴です。

プロモーションでの活用

企業の販促活動を子供達のオシゴトに組み込むことが可能です。

開催費用

募集エリアの人口規模によって大きく異なります。詳しくはお問い合わせください。


お問い合わせ TEL 0565-50-8550(一般社団法人ユメ・フルサト)


メモ: * は入力必須項目です